プレゼントに包丁・ナイフ・ハサミなどの刃物を贈るのはダメ?

私は過去に2回ほど友人の結婚祝いに包丁を贈ったことがあります。本人が望んだ品だったので大変喜んでもらえました。

でも、包丁やナイフ、ハサミなどの刃物を祝い事や記念日に贈るのはなんとなく抵抗を覚えますよね。そんな気になる疑問を考えてみました。

刃物は縁を切る? 運命を切り開く?

古くから刃物は「縁を切る」ことにつながるとして、結婚祝いや祝い事には適さないという説がある一方で、「運命・未来を切り開く」「守り刀」など、縁起物として祝い事で贈られてきた慣習もあるそうです。

たしかに、結婚式ではウェディングケーキ入刀があるし、道路の開通式や新しい建物の披露式ではテープカットでハサミを使いますよね。

刃物を贈るのは縁起が悪いとも、縁起がいいとも、相反する言われかたをしますが、どう対応すればいいのか悩んでしまいますよね。

でも考えてみてください。
そもそも、包丁をプレゼントしたからといって、縁が切れたり、人生や運命が切り開けるということはないですよね。

ただの迷信に過ぎないと思いませんか?

相手に喜んでもらえることが第一優先

親しい間柄でもなく、望んでもいないのに刃物を贈られたらたしかにゾッとします。

また、親しい間柄であっても縁起を気にする人もいれば、気にしない人もいます。

気にする人や気にするかどうか分からない場合は、相手の要望も聞かずに刃物を贈るのはどう考えてもNGです。

縁起を気にしない相手であっても、贈り物として包丁などの刃物を贈る場合は、本当にその人が欲しがっているかどうかを確認した方がいいと個人的には思います。

毎日一緒に暮らす夫婦や家族、頻繁に会う親友など、普段の会話のやりとりや振る舞いから、そろそろ包丁の替え時かなとか、この包丁欲しがってたよなと察することができる場合は、サプライズで刃物を贈ってもいいですが、それ以外の場合は相手の要望を確認しておくほうが無難です。

プレゼントを贈るのであれば相手に喜んでもらえるもののほうがいいですよね。

贈る相手が新しい門出や記念日に包丁やナイフ、ハサミを望んでいるなら、大変喜ばれるプレゼントになるはずです。

贈り物は実際に使ってもらってこそ価値があるし贈る側もうれしいものです。包丁は毎日使うものなのでまさに実用的なプレゼントになります。

包丁を贈るならGLOBAL(グローバル)包丁がおすすめ

包丁と言えば、世界的にも有名なGLOBAL(グローバル)包丁が日本でも大人気です。

吉田金属工業(株)というメーカーが作っているオールステンレス一体型のスタイリッシュな包丁は、見た目のみならず、切れ味も使い心地も抜群なので非常に評価が高いのです。

楽天市場のランキングでも常に上位に位置する人気の包丁です。
チェック!包丁・ナイフ ランキング【楽天】
チェック!包丁セット ランキング【楽天】

贈り物にするならセット商品が喜ばれますね。
人気が高いGLOBALの包丁セットは、三徳3点セットと牛刀4点セットです。

上記商品を販売している楽天ショップの「セレクトショップAQUA(アクア)」では、GLOBAL包丁を購入すると、ギフトラッピングが無料です。

さらに、キッチンタイマーまたは電動ペッパーミル(セット内容によって異なります)、スポンジワイプ、まな板ボード3枚セットの3商品がすべてもれなくもらえるというオマケ特典つき。

また、私も使っているGLOBAL包丁の新シリーズ「GLOBAL-IST」もおすすめです。このシリーズの包丁は日本人が使いやすいように考案されているので使い勝手が良く多用途に使えます。

下記の記事で紹介しています。

GLOBAL-IST(グローバル・イスト) 包丁の切れ味と使い心地【レビュー】

2018年2月25日
=====
刃物は扱い方によってはとても危険なものですが、毎日の生活には欠かせない必需品です。

相手が望んでいて喜んで実用的に使ってもらえるのであれば、贈る側も贈られる側も納得できるプレゼントになります。

その場合は、縁起がいいとか悪いとかという迷信にとらわれる必要はないのではないでしょうか。

要は、贈る側と贈られる側の気持ち次第です。